車椅子に関する情報が満載!

大事な足

介護に適した車椅子の選び方について

車椅子は加齢や病気などの理由で歩行が困難な人が体に負担をかけずに移動するために用いる介護用品の一種で、座った姿勢のままで移動できるのが大きな特徴です。
椅子に装着されている車輪を動かすことで移動が可能ですが、大きく分けて座っている本人が操作するタイプと、後ろから介助者が操作するタイプの二種類があります。
それぞれに長所と短所がありますが、介助者が操作するタイプは車輪を小型化することで横幅の長さを減らすことが可能なので、狭い廊下や室内での操作にも対応できる利点があります。
また、車椅子を使用する際は形状だけではなく材質も重要な選択肢になります。
一般的にアルミ合金のような軽量な材質ほど扱い易いですが、その一方で販売価格が高額なので注意が必要です。
車椅子は使用する車輪がパンクすると操作性だけではなく乗り心地が大きく低下してしまうので、日頃からのメンテナンスが不可欠になります。
チューブタイヤの代わりに樹脂で作られているパンクしないタイヤを使用している製品もありますが、衝撃の吸収性が低い欠点もあるので購入の際には長く使い続けることを前提にして慎重に選択することが大切です。
特に高齢者に使用する場合は心身の健康を考慮することが介護の心得になります。

目的に合わせて多様化する車椅子のスタイル

人は、移動のために足を使うことができます。
しかしながら、何らかの理由で歩行ができないとき、道具で問題を克服する事が可能です。
車椅子を使用すれば、必要な場所に移動できるようになります。
このタイプの椅子は、人が座る椅子に車輪がついたスタイルを持っています。
そのため、たとえ足が動かない状態であっても、体を動かせます。
動力としては、補助を受けて動かしてもらったり、あるいは座っている人自身が自らの意思で動かせます。
車輪にハンドルがついていれば、自らの腕力で動力を補えます。
また、人力以外の動力として、電動タイプのものが利用されていて、長距離の移動でも体力を消耗せずに移動するのに便利です。
筋力が弱い人でも、レバーなどを操作すれば移動が可能です。
また一般的に車椅子は、あらかじめ作られた既成品の製品の中から選ぶことになります。
しかし利用者にとっては、体の大きさや形にフィットしたものであるほうが使い勝手がいいため、オーダーメイドで調達するケースもあります。
さらに車椅子は、体の不自由を補うために主に使われるための物であるものの、近年では障害者スポーツの分野で注目を集めています。
素早い動きができる種類のものが開発され、スポーツを諦めていた人でもチャレンジできるように変わっています。

pickup

BRIXTONはこちら
http://untouchable.jp/?mode=cate&cbid=496739&csid=0
キッチンリフォームなら
https://touryo.net/kitchen/
京都 着物レンタル
http://www.kyoto-kimonorental.com/
インテリア雑貨 仕入れ
http://cuddly-ai-shop.com/
福岡 賃貸
https://www.bkf.co.jp/
家財道具処分 大阪
http://fuyohin-kansai-pro.com/
人気のプロポリス
http://www.yakuin-organic.co.jp/lp/propolis/

2016/4/7 更新

COPY RIGHT (C) 大事な足 ALL RIGHT RESERVED