車椅子に関する情報が満載!

大事な足

要介護者を車椅子に移乗させる場合のやり方

要介護者を車椅子に移乗させる時には、並行や垂直に横付けするのではなく、ベッドサイドに対して20度から30度くらいの角度をつけて、座り口が要介護者側に向くように配置します。
片麻痺がある場合には、麻痺をしていない側に車椅子を置くと、移乗の際に肘掛けを掴むことが可能になるので、より安定します。
移乗の前に車椅子のブレーキをしっかりかけてあるか、足置きが上げてあるかを確認しましょう。
ベッドに要介護者を浅めに座らせて、足が床につくようにします。
要介護者に肩につかまってもらい、お辞儀をするように立ち上がってもらいます。
介助者は要介護者の腰のあたりに腕を回し、足を大きく広げ、腰の負担にならないよう低めの位置をキープしながら、立ち上がる手伝いをします。
ゆっくりと方向を変えさせて、要介護者が座り口の前まできたら、出来る場合は肘掛けを掴んでもらい、前屈みの体制でゆっくり座ってもらいます。
介助者は腰を痛めないように膝を曲げながら手伝います。
座らせたら足置きを下げて、その上に足を置かせるようにします。

車椅子と移乗との関連性

国民全体で考えていかなければいけな問題の一つにあげられるのが、身体的な障害を持つ人と健常者とのかかわりあいです。
誰もが快適性や利便性を享受したいと考えるのは当然のことですが、思いやりの心を持つことの重要性はいうまでもないことです。
そんな中において、車椅子生活を余儀なくされる人にまつわる話題も多く取り上げられるようになってきました。
予期せぬ事故や加齢によって、自力での歩行ができない人が、使うものです。
今般、パラリンピックなどで活躍する車椅子の方がいますが、実にいきいきとした笑顔を見せているのが印象的です。
その一方においては、寝たきり状態で、ベッドと車椅子の行き来を繰り返している人もいます。
そんな方が移乗の際に、少しでも負担を減らせるような、製品づくりへの関心が高まっているのです。
これまでも移乗については、介護士などへの負担も大きいとして、介護ロボットの導入などが検討されてきたいきさつがあります。

COPY RIGHT (C) 大事な足 ALL RIGHT RESERVED